| gallery | gallery2 | stories | data | links | about | bbs | mail form |

サスケ部屋mk2

――だらだらお絵描き。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

>>絶チル備忘録に16巻の情報を追記。

 「絶対可憐チルドレン」に関する情報を集めている「絶チル備忘録」に、単行本第16巻の小ネタ情報を追加しました。

 15巻のときは半年遅れになって「あーあ」って感じだったのですが、16巻分はさらに悪化、9ヶ月遅れになってしまいました。なんというかもう、ホントすみませんです……。

>> 絶チル備忘録
>> 小ネタいろいろ/16 - 絶チル備忘録

 それから、19巻分までのタイトルの元ネタ等を整理するとともに、それ以降の「ライフ・セイバーズ」「ダーク・ハーフ」「湖のひみつ」「謎の転校生」についての元ネタを、タイトル元ネタ/未収録分のページに追記しました。

>> タイトル元ネタ/未収録分 - 絶チル備忘録

 「ライフ・セイバーズ」のタイトルの元ネタは、調べてて「おおっ」と思いました。というか、Fukazawaさんはやっぱすごいなーって感じです。


【追記】

 書き忘れてしまいました。以下、謝辞です。

 掲示板にて情報を寄せていただいた鼎 元亨さん薫が一番さん柴田さんに最高の感謝を。

 勝手に参考にさせていただいてる「絶対可憐チルドレン感想掲示板」参加者の皆さんに、最高の敬意を。
 ウィキペディア他、様々なサイト運営者の方々にも、最高の敬意を。

 ありがとうございました。

 そして、こんな大事なことを書き忘れたサスケに死を。ばきゅーん。

comments (0) : trackbacks (0) : 00:02

>>絶チル備忘録に19巻の情報を追記。

 えー、ご無沙汰しております。ブログってどうやって更新するんだっけ?とか思ってしまったサスケですこんにちはあはははは……。

 「絶対可憐チルドレン」に関する情報を集めている「絶チル備忘録」に、単行本第19巻の情報を追加しました。
 ……といっても、小ネタ等ではなく、単に収録内容などの情報だけですけど。

>> 絶チル備忘録
>> 雑誌掲載・単行本 - 絶チル備忘録

 また、サンデー巻末での椎名センセのコメントについては、先週発売の第2・3号分まで更新しています(来週発売の第4・5号は休載なので、それも反映)。

>> サンデー巻末コメント/2009 - 絶チル備忘録
>> サンデー巻末コメント/2010 - 絶チル備忘録

 それと、リアルタイムでは書けそうにもないので、フライングもいいトコですが、今ここで書いときます。

 椎名センセ、連載200回達成おめでとうございますっっ!!

 今はこれがせいいっぱい……(万国旗くるくるくる)。

comments (0) : trackbacks (0) : 01:37

>>絶チル備忘録に15巻の情報を追記。

 「絶対可憐チルドレン」に関する情報を集めている「絶チル備忘録」に、単行本第15巻の小ネタ情報を追加しました。15巻といえば昨年12月発売ですから、実に半年以上も遅れての公開になりますけど……。

>> 絶チル備忘録
>> 小ネタいろいろ/15 - 絶チル備忘録

 また、15巻、16巻分のタイトルの元ネタ等を整理するとともに、それ以降の「家に帰ろう」「パンドラ・リターンズ」「ファントム・イン・ザ・ミスト」「試験に出る超能力」についての元ネタを、タイトル元ネタ/未収録分のページに追記しました。

>> タイトル元ネタ/未収録分 - 絶チル備忘録

 17巻発売も見えてきたこの時期に、非常に今さら感漂いますね……。なんかもーいろいろグダグダですが、お読みいただければさいわいです。

 というか……読んでる人、まだいるのかな。いるといいな……。

comments (4) : trackbacks (0) : 00:31

>>絶チル備忘録、サンデー巻末コメントに23号分まで追記 他。

 「絶対可憐チルドレン」の情報を集めている「絶チル備忘録」の「サンデー巻末コメント」2009年分に、第20号、21・22号、23号分を追記しました。

>> 絶チル備忘録
>> サンデー巻末コメント/2009 - 絶チル備忘録

 また、雑誌掲載・単行本のコーナーに、単行本第15巻、16巻の情報を追記しました。

>> 雑誌掲載・単行本 - 絶チル備忘録

 なかなか遅々として整備が進みませんけど……。とほほ。

comments (0) : trackbacks (0) : 16:43

>>新リストランテ・パラディーゾ。

 この4月からフジテレビ系で「リストランテ・パラディーゾ」のアニメ版がはじまります。関東ではすでに4月8日から、ここ関西でも4月14日から放映が開始されます。

 これは、オノ・ナツメ先生が「エロティクスF」という雑誌で2005〜2006年に連載されていた漫画が原作。世界初(?)「老眼鏡萌え漫画」です。原作はかなりおもしろかったですよ。表紙の色なんか素晴らしかったですが、アニメはどうなるかなー。

>> settantanove orsi(セッタンタノーヴェ・オルシ)
オノ・ナツメ先生のサイト

 なんでこんなこと書いてるかっていうと、この作品は絶チルにも出てきてるから。

新リストランテ・パラディーゾ 「絶対可憐チルドレン」4巻収録「ハート・ブレイカー(2)」をご覧ください。これは、サスケも大好き「ザ・ダブルフェイス」が初登場したエピソードですが、そのダブルフェイスと皆本、賢木、それに九具津が合コンした会場が、「nuovo ristorante Paradiso」(新リストランテ・パラディーゾ)だったのです。知ってた?

 漫画「リストランテ・パラディーゾ」の連載がスタートしたのが、2005年vol.33(5月ごろ)。で、絶チルでの登場は2005年第53号(12月ごろ)。エピソードとの兼ね合いを考えると、かなりリアルタイムっぽく取り上げてるなーって感じですよね。
 絶チルのアニメ化といい、ようやく時代が椎名高志に追いついてきたな、みたいなw

 ついでに言うと、「リストランテ・パラディーゾ」をもじるのに頭に「nuovo」とつけたのは、おそらく映画「ニュー・シネマ・パラダイス」(原題:Nuovo Cinema Paradiso)がモチーフ。「Paradiso」がかかった洒落みたいになってるのが、けっこうシブいですよね。

 ……なんてネタをサスケが自力で思いつくはずもなくw

 まず、「リストランテ・パラディーゾ」のことは鼎 元亨さんに、「ニュー・シネマ・パラダイス」の原題のことは四季さんに、それぞれ教えていただきました。
 教えてもらったのはもう2年も前のことですけど、アニメ化されるのを最近知って、なんか懐かしくなったので。

comments (0) : trackbacks (1) : 00:25

>>絶チル備忘録、サンデー巻末コメント完成!

 「絶対可憐チルドレン」の情報を集めている「絶チル備忘録」の「サンデー巻末コメント」2009年分に、先週発売の19号分を追記しました。

>> 絶チル備忘録
>> サンデー巻末コメント/2009 - 絶チル備忘録

 さらに! じゃじゃん! るかるかさんのご協力により、2003年の読切版から最新の2009年第19号分まで、絶チルが掲載されている号の巻末コメントが完全に揃ってしまいました。

 なんと、るかるかさん、ヌケていたデータのすべてをテキストで(しかも、わかりすく表にして)送ってきてくださったのです。それも、2003年の読切版、2004年の短期連載版も含めてです。すげえ……。あとはワタクシ、コピペしただけw

 その成果はこちら!

 正直、誰か補完してくんないかなー、くれたらいいなー、くらいのことは考えてましたが、まさかここまで完璧なものを送っていただけるとは思ってもみませんでした。いや、ホント助かりました。

 ありがとうございました!>るかるかさん

comments (1) : trackbacks (0) : 21:23

>>絶チル備忘録、サンデー巻末コメントに17号分と8号分を追記。

 「絶対可憐チルドレン」の情報を集めている「絶チル備忘録」の「サンデー巻末コメント」2009年分に、先週発売の17号分およびヌケていた8号分を追記しました。

>> 絶チル備忘録
>> サンデー巻末コメント/2009 - 絶チル備忘録

 ヌケていた8号分は、るかるかさんにコメントでいただいた情報によるものです。ううう、ありがとうございますー。
 情報は速攻でいただいてたのですが、やはりと言うか、反映が遅れてしまいました。すみませんです……。

comments (1) : trackbacks (0) : 00:46
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>